【これから始める初心者向け】FGO・2019夏イベント攻略 種火の使い道とフィーバーの切り時

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は自分たちが好きなFGOについて書いてみようと思いました。

計画は僕たちで、実際書くことが出来そうになかったので、友人に概要を説明したうえで書いてもらいました。

FGOの夏イベントも佳境に入ってきて、なんとなく今から攻略しても間に合う・初心者にもやさしいイベントっぽいので攻略記事を書こうと思いました。

“2019水着イベの進め方(初心者編)”

とは言っても通常の攻略を書いていくだけではほかのサイトと同じなので、この記事では初心者向けに「どのサーヴァントにイベントの種火を食わせるべきか」「フィーバータイムの切り時とQPの集め方」を考えていこうかと。

どのサーヴァントに種火を食わせるか

今回のイベントは配布キャラである水着北斎に焦点が当てられています。

ストーリー上のバトルもそれに合わせ、水着北斎を編成にいれなくてはならなかったり、水着北斎を連れていくとボーナスになる場面も。

また、イベント期間中は水着北斎の獲得経験値が2倍になっています。

水着北斎の再臨段階を上げるミッションもあるので、少なくともスキル3が手に入る第3再臨まではレベルを上げたいところです。

よって第3再臨までは水着北斎に、余った分はストーリー攻略などで必要になってくるサーヴァントにつぎ込むといいでしょう。

・種火を交換しよう

種火は、銀の種火はダイス三つで一つ。計100個まで交換できる。

基本的にはイベントを進めながらやると効率がいい。

HIMEJIではダイスも落ちるので、種火に変えて、水着北斎を強くして挑みましょう。

フレンドのバーサーカーや有利相手のアーチャーなどを借りて、始めにHIMEJIなどを回ればいいと思います。

フィーバーチケットの切り時とQPの集め方

次にフィーバーチケットの切り時ですが、効率を考えるとVIP級で回りたいところ。

難易度が高いほど得られるQPも多いですが、初心者に10万のHPを削るのは難しい上に時間がかかりすぎる。

とりあえずは序盤で解放される「HIMEJIサバイバルカジノ」のVIP級で腕試ししてみて、自分がどこで回れるかを確認しておき、フィーバーチケットは安定クリアできる最高難度の場所を選択するといいでしょう。

姫路VIP級はこんな感じ。アーチャークラスが有利です。

初心者で水着北斎のみしか育っていない場合は、ランサークラスのみが出現する「シルク・ドゥ・ルカン」のレギュラー級がお勧めです。

ルカンレギュラー級。水着北斎とサポートで回れるかと。

ストーリーを回るのにフィーバーが必要なければイベント終盤までチケットを取っておくのも正解だと思いますが、ストーリー解放にQPを集める必要があるため、間に合わないようであればストーリーを進めるために切ってしまっても構わないと思います。

何より、イベントが終わらないとせっかく育てた北斎がいなくなります。

 

QPの集め方ですが、サポートの力を借りるのがよいでしょう。

概念礼装の「モナ・リザ」や「ベラ・リザ」といった、獲得QPの上がる礼装を持っている人を選ぶとQP集めがぐっと楽になります。

モナ・リザ
ベラ・リザ。他にも「フォウムズ」などがある。

その際キャスタークラスについていることが多いので、選んでも勝てない様であれば有利クラスやバーサーカー、特殊クラスでQP礼装をつけている人を探しましょう。

自分のサーヴァントにはイベント特攻礼装である「盛夏の思い出」や「天鬼姫」がお勧めです。「盛夏の思い出」はアタッカー(水着北斎など)に、「天鬼姫」はマシュなどのサポーターにつけておきましょう。

盛夏の思い出。攻撃力を上げる概念礼装。
天鬼姫。QPを多くくれる敵が出やすくなる。

という感じで、お勧めサーヴァントとQP集めについて書いてみました。

サポートにするサーヴァントに関しては別記事にまとめようと思います。

今日はこの辺で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。