レンタル何もしない人さんと会ってきた話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レンタル何もしない人さんといつか忘れたが会ってきた

何故会おうとしたかとその経緯を書いていく。

少し前にharuさんと会ってきた。そこでレンタルさんのお話をした。

物理の話とかしてくれるらしい。めっちゃ気になる

どちらかというと、まだぼくらが専門のお医者さんに掛かってなくて存在があいまいだった時

DIDの人にあった人というのできっと存在証明をしたかったんだと思う

僕はどうでもいいけどどちらかというとクロが

レンタル何もしない人さんはお医者さんじゃない

だからこれはDIDですねなんて言えないしそれを求めちゃいけないことも分かっている

当時の僕らは誕生日を迎えていて、焦っていて

親からの連絡、福祉関係の手続き

体内時計は早すぎて、一年は長すぎて

三年くらい経ったと思って辛くなっていて

今は本当はいくつなんだろう、このまま何もできないで死ぬのかな

と思っていた時、DMを本当に衝動的に送ったのだった

当日

どこで待ち合わせかも決めておらず、夏コミの締め切りの修羅場中

あれ、やめた方がいいんじゃと思いながら強行

書いてる僕はいまいち覚えていない

というかあまり知らない

印象で書けることは

ギラギラしていた

勝手な憶測だが、何かやろうとしてでも分からないし、それでもこれやってみたら実際面白いぞくらいの感覚でレンタルさんをやってるんだと思う

エネルギッシュ。本当にこの言葉に尽きた。

全ての考え方を聞いて理解して時には受け流して(受け流すことが大半なのかもしれないが)

そんな人だった。

僕らの文面に『褒めて』というのがあったらしい

それなにもしないという定義に当てはまらないよね僕だってそう思う

『なんで依頼受けたんですか』

きっと何回か聞いてたみたいで

レンタルさん「お疲れ様くらいでもいいんでって感じのが書いてあったのでそれくらいでいいならまぁいいかというのと、あとはフィーリングで」

だそう

フィーリングも、会って、大丈夫な人センサーがレンタルさんは敏感で、元から悪意を持って会おうとしている人と、持たずに会える人の違いがあるのだろうかなんて思ったりもした

あとは過度に求めない人。

僕らは求めすぎている気がして、レンタルさんにとって申し訳なかったんじゃないかと思う

結構反省

正直これ書いてるとき別だから覚えてないというか知らないんだけども

抹茶タピオカかほうじ茶タピオカを頼んだのに飲めてなかったなぁくらいで。

あとでツイッターを見たらじじ臭いとか言われていたらしい。解せぬ。

そんな感じ

あとはクロが、いるんだな、存在するんだ、よかったって泣いてた

歌の良しあしは正直どうでもよくて、別々として許容してくれるのが目的だったらしい。

もう少し、色々したかったけど修羅場で駄目だったんだいろいろ終わったのでまたお話ししたいなぁと思う

もしよろしければお願いします

レポ終わり

SNSでもご購読できます。