花見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は少し非現実的な経験をしようかなんて思い、花見に行った。

ライトアップされたそれは綺麗だなんて言葉だとつまらないくらい、すごく良いものだった。

水面に映る桜。綺麗である。

写真をあげるとなるともう少しこだわった方がいいが、それでも写真入門くらいならスマホくらいでもそこそこ満足するものが撮れるらしい。少なくとも筆者は満足した。

だがやはり驚いたのは人の数である。今日1日しかやらないのだから当然かもしれないが、ディズニーにきたのか?と思うくらいには人の数が多かった。それで無料だというのがおかしな話である。

電力車、桜が綺麗に見えるようにライトの設置、はたまた混み合いを防止するための警察まで。

ガソリンはもちろん、設置する人件費や警察の要請などきちんと試算したら果たしてどれくらいの労力が注がれているのだろうか。

これだけの人が動いているのに全て無料なのは正直どうなんだろうとは思った。無料というものは価値観を歪ませ、停滞させてしまうのでは?と思ったりもする。

無料というものに対して少し考えを向けてみるのもいいかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。