エイプリルフールに思うFGOのいいところ・悪いところ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fate/GrandOrderの大奥イベが始まり、その期間中にエイプリルフール企画でFGOクエストというものが配信された。

正直クエストの方も楽しかったし大奥もちまちまと楽しみにやっているのだが、相変わらずイベントのかぶせ方などうまくないのではと思うところがあった。

大奥イベントは結構好きだ。アーカルムも好きなのでダンジョン探索型(実際そう呼称するかはわからないが)は好きなのだろうと思う。

一つ一つルートが分かれ、部屋の描写があるのでロードが遅くなるのはわかる。が、これはきっと心に余裕を持ってないとかなり気になってしまうものだと思う。

FGOQはそんなイベントのただなかに行われ、しかもFGOQもそれなりに時間がかかるものだった。

自分だけで図鑑を埋めて満足したいのに、人のQRコードを借りてとりあえずクリアする。そんなものになってしまっていた。本当に惜しいと思う。

 

サクサク爽快。ゲームというものならそういう要素がどこかしらになければつらくて、だ れるものになってしまうのではないかと私は思う。

昨今は特に余裕がない人の方が多い。精神的余裕は特にない。精神的余裕を持たせたり、次への活力としてゲームというものは活用されるものだがこうイベントが短く、ミッション形式のように何日までにいくつミッションを終わらせれば終わるなどのめどがたたない(めどが分かりづらい)ものは不向きではないかと思ったりもする。

だからこそAPEXのようなその場で終わるFPSが流行るのも時代である。

一方でソーシャルゲームで長く遊べるグランブルーファンタジーというものがある。あれは、スカイコンパスなどでできるだけめどを立てやすくし、いつまでやればこの武器が手に入るなどが明確である。

マルチで周回効率をよくし、武器なりキャラが手に入って育成をした途端分かりやすく強くなる。その点で言えばグラブルはゲームよりのゲームである。キャラを何も考えなければきっともう少し楽しめただろう。

FGOはひとつひとつ、キャラが加入する動機付けや個々のキャラ設定などがゲーム内に分かりやすいように表示してある。それに加えストーリーでキャラが(ほぼ矛盾なく)補完される。その点から分かる通りキャラよりのゲームである。

正直一長一短だしどちらがいいとは言えない。が、自分は縛りなどに重きを置いてやれるのでFGOの方が好きだ。ただ、ゲームとしての全体的な構造はきっとグラブルの方に軍配が上がる。

縛りという楽しみ方もガチャ引かないと詰むことがあり、ユーザーとして試行錯誤した遊び方がガチャに依存するのは正直いただけない。

聖杯をあげようがフォウくんをあげようが好きなキャラがだんまりではやる甲斐がなくなってしまうのではないかと思う。

それでもFGOが好きなのはコマンドコードの並びだけで変わる戦略性とかノベルゲーム畑からくる音楽、効果音の挿入の絶妙なタイミング、稚拙だと思わせない文章の表現、そこから紡がれるストーリーだと思っている。小説読めばいいと言われることもあるが、文章のエキスパートである小説と比較できるというのはすごいことなのではないか?などと思ったりする。

文字というものはジャンルによってさまざまに形態を変えるものだし、 勿論ノベルゲームと小説は書き方が違う。絵で場面補完をされない小説はノベルゲームより濃密な場面説明や情景描写を必要とするが、ノベルゲームは簡素な情景描写でいい(簡素でいいとは言うが、濃密なものを簡素化するのはかなり難しいことであり、冗長になってしまう筆者にとっては尊敬しか抱かない。)ので謙譲語や尊敬語の違いレベルで言葉の使い方が違うのじゃないかと思う。

FGOは簡素化した文章のおかげか単純に文章が読みやすい。

話が脱線した。とりあえず総評として

FGOのいい点

・文章が読みやすく、すぐ入ってくる。

・ここのキャラの動機付けや全体的なキャラの性格の把握がしやすい。

・コマンドカードを採用したシステムのおかげで戦闘が楽しい。

悪い点

・やりこみとしてのキャラ育成が実感持って強くなったと思えず、かと言って+αのキャラに対する愛着がわくコンテンツ(台詞や文章でのストーリーの追加)が今のところない。

→コンテンツ追加はなかなか難しいのでフォウ君やコマンドコードの仕様を見直す必要があるのではないか。実感を持って強くなったことを示すためにダメージフォントのでかさも気になるところ。幕間はやりこまなくても開くのでそのコンテンツとしては妥当とは言えないかと思っている。

・ボックスガチャイベントが少ないことにより、頑張っても育成できないということが起こる

→運営の不満へ通じる。頑張って育成できても嫌になるならグラブルはとっくに終わっている。続いてるのは、頑張ったら育成できる機会がちりばめられているからだと思う。

以上である。時間に余裕が出来たら逐一攻略をあげてもいいのだが、そこは人海戦術の方が強い。こちらもある意味多人数だが端末は少ないものである。検証できない。

グラブルについての文章はまた書きたいとは思うが、いかんせんシナリオをクリアしてからじゃないと信憑性は生まれない。今のところは、苦労が報われる思いが分かりやすい以外はあまり自分とは合わないなぁと感じているところの方が多い。

やはり自分はキャラを戦略的に操作するのが好きなのであった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。