DIDとジェンダー論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DIDという症状は精神的に男性にも女性にもなりうることから、ジェンダー論も発生する。

自分は始めバイセクシャルだと思っていた。きちんとまたあとで追記しようとは思うがそれはある種間違いだということに気づいた。

不思議なことに、自分はバイであるという認識があるにもかかわらず、ゲイにわずかながら嫌悪感を抱いていた。

それはずっと不思議な感覚であり、何故こんな感覚を抱くのか疑問があった。ゲイも同性愛である。なのにレズは何も思わずゲイはわずかにどちらかというと苦手意識を持っていた。それは申し訳ないという気持ちがあり、レズだけ特別扱いする自分に嫌気がさしていた。

育ってきた際の周りの環境からそう思ったのかとずっと結論付けていたが、それは大きな間違いであると知る。ゲイに関して違和感を持つストレートの男性の人格が私にあったのだ。

そしてその者は(ストレートなのだから当たり前なのだが)女性が好きであった。

そこで大きなズレが生まれる。体は女なのに男の人格があり、それは女が好きであると。

逆に言うと、DIDという症状だと認識すると合点がいく結論である。基本の人格は女で体も女なのであるから、男性を好きになる。一方、男の人格(人生の大半を過ごしている人格であるが副人格)は女性を好きになり、男性はそうではないのでいやがる。整理してみると理にかなうのである。

他にも決定的になる出来事があるのだが、また色々整理してから追記しようと思う。

同じような矛盾した考えを持って苦しんでいる人の一助になれたら幸いだとここに記す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。